×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魚屋宗五郎

江戸で魚屋を営む宗五郎家が舞台。殿様の妾となっていた妹が家来との不義に及び、家宝の茶碗まで割ってしまったとの理由にて殺されてしまう。実は無実の罪とわかり、宗五郎はやり場のない怒りに。禁酒をとく。酒癖の悪さから禁酒をしていただけに、やはり酒を飲んでしまうとだれも止められず殿様の元へと乗り込んで行ってしまいます。ひと悶着あった後に正気を取り戻した宗五郎に、殿様は家臣の所業の侘びを入れます。家臣の成敗も約束してくれたので納得する運びへと。河竹黙阿弥 作。



運営者情報

当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ♪