×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三人吉三

三人吉三

悪僧の和尚吉三(おしょうきちさ)、女装のお嬢吉三(おじょうきちさ)、武家の落ちこぼれのお坊吉三(おぼうきちさ)。それぞれ悪事を働きながら生きていた三人が、ある時出会い、同じ名前ということから義兄弟となった。ところがそのうちに3人の血の繋がりが明かとなってくる。因果な宿命に翻弄されながらもそれぞれが最後まで義兄弟としての関係に生きようとする。三人でなければ逝くこともできない。因果応報の波乱の運命を描いた話。
お嬢吉三の『月も朧に白魚の・・・』や『こいつぁ春から縁起がいいわえ・・・』など名セリフがでてきます。白波物(しらなみもの)〔ギャング物〕を得意とした河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)の代表作です。



運営者情報

当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ♪