×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

勧進帳

勧進帳

源義経一行が、源頼朝より奥州へ逃げる際の、
加賀国の安宅の関でのお話し。

義経、弁慶などは、山伏に変装し、関を通ろうとします。
そこで、関守の富樫左衛門に怪しいと思われてしまいます。
武蔵坊弁慶が、なんとか本物の山伏であることを証明する為に、偽物の勧進帳を読み上げます。
この勧進帳は、偽物ですので全くの白紙です。
富樫の方も、もし勧進帳が本物にもかかわらず、偽物としてしまっては大変なことになります。
富樫も真偽の決断を迫られます。弁慶、富樫と緊迫感のあるやり取り。
弁慶に圧倒され、富樫は関を通ることを認めます。
しかしそこで、富樫の家来が、関を通る一行のなかに、義経に似た者がいると忠告します。
弁慶は、義経を杖でたたくことで、それが主君でないことを知らしめます。
そこで、富樫は全てを察し、その上で関を通ることを許します。
その後、富樫により設けられた酒宴の最中に、弁慶を除く一行は先へと急ぎます。
その後を追って弁慶が急ぎます。

弁慶が花道を引っ込む祭の飛び六方(とびろっぽう)が有名ですね。



運営者情報

当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ♪