×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歌舞伎の一幕見席とは?

新しい歌舞伎座は2013年春の完成予定です!
一幕見席がどうなるかはわかりませんが楽しみに完成を待ちましょう♪
以下は今までの歌舞伎座の一幕見席のことですので、ご参考までに。


歌舞伎の一幕見席についてご説明!ここでご説明するのは東京の歌舞伎座の一幕見席についてです。通常、歌舞伎の演目は、昼の部・夜の部とわかれています。昼の部、夜の部とも大体3〜4演目で構成。通常のチケットは、昼の部、夜の部で区切りとなっていますが、一幕見席とはその中の一つの幕のみを見る席の事です。歌舞伎を見に行ってみたいけどチケットが高いのではないか?気軽に行って良いものなの?などと思って一歩を踏み出せない方は、一幕見席から挑戦してみてはいかがでしょうか!料金は一幕700〜1000前後です。では、その一幕見席の位置はどこかといいますと、歌舞伎座の最上階4階にあたります。定員は立ち見をいれると150席になるそうです。通常の入口とは別途の、一幕見席専門の入口から入ります。4階のホールには飲料の自動販売機のみで、飲食店は入ってません。他階へも行けませんので、幕間にお弁当を食べようかなどと思っている方は、買ってから入場した方が良いですよ。

運営者情報

当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ♪